照準ファインダーは等倍・正立で30mmぐらい眼を離しても見えます。 その下には45度2回反射プリズム(ダハでない)を配置し正立を保ちます。 このプリズムも一般には入手できませんが、たまたま笠井から買ったジャンクを持っていたので使えました。 ダハ双眼鏡の部品だと思います。 
おもに90度対空のときに使用するので下向きにアイピースを覗いた姿勢から最短距離でファインディングができるような位置にしました。 わずかに上に視線を向ければファインディングができます。 当初は主望遠鏡と同じ90度俯視のファインダーも考えましたが、この場合は目の中心位置を移動せねばならず、45度ののほうが切り替えが早いようです。


♪使ってみて
超広角双眼鏡(見掛け視野80度以上)にこだわってきましたが、72度と欲張らない代わりにハイアイで覗きやすいのも良いかなと思います。 
倍率22倍、重量は2.6kgでは手持ちは厳しくカメラ三脚が必要です。三脚に固定すると 直視⇔対空の切り替えもやりやすくなります。
明るくフラットで周辺まで見やすいですが、このアイピースは糸巻歪曲が小さいのは良いが最周辺で像が圧縮された感じがあり横に流すとすこし違和感があります。
外観はメガネのマツモトさんが開発されたスワロフスキーBINOに似ていて気に入っています。 このカラーリングは昼間はフィールドに溶け込むので違和感(存在感)がなく、おもにトリや夜景夕景観望用に使っていこうと思います。

特筆すべきは自作のヘリコイド。  ガタもなくスムーズに動き、回転の感触は市販のヘリコイドと遜色ありません。 手間さえ惜しまなければ、テフロンテープの費用だけで作れます。 寸法の設計自由度も大きく、外径も小さく収まります。 次回はそのヘリコイドのノウハウをご紹介したいと思います。
       (2015年5月19日)
直視/対空双眼鏡
フォーク部にBINOを接続するのには 「Z短ざくカナモノ」 という亜鉛メッキ鋼板を利用しました。 変な名前ですが本来は下図のように家屋の補強に使います。
厚み3.8mmの鉄板をネジレやタルミなくキッチリ曲げるのはけっこう大変。 大型の万力とモンキーレンチ2個と使って汗だくの作業でした。^^
♪平行保持台座

平行保持台座には目幅調整はありません。理由は前述のとおりです。

直視と90度対空とを切り替えた場合、わずかながら左右鏡筒の視軸がずれるので、垂直方向のみ視軸微調整機構を積んています。
左図のように右眼下部にすり割りをいれたステンレス板(廃品利用)を設け、同軸に配置した押し引きネジで微調整できるようにしました。 

水平方向については視軸微調整機構は省略し、誤差は眼の輻輳で合わせます。 台座にはスコープの受け部にゲタの刃状の突起を設け、スコープの脚部が嵌りこんで回転しないようにしています。  スコープ脚の固定はアリガタ/アリミゾではなく、底面からのカメラネジ1本止めですが、台座内部に仕込んだ隠しネジを底部の穴から6角レンチにより強固に固定しています。 ネジはカメラネジ(ユニファイ1/4W)の6角穴付ボルトです。 ここから入手しましたが日本では入手に苦労します。

プリズムの回転装置はメーカー側で良く調整されていて、直視/対空と切り替えても視軸はほとんどずれません。(この倍率では) 
 完成しました

♪ 鏡筒回転固定ネジの反転 

左眼鏡筒の真横のネジですが、前述のように内側にあると右鏡筒と干渉します。  しかし回転リングが外れない構造のため 内側⇒外側には簡単に反転できませんでした。そこで外側に新たにネジを切って取り付ける必要がありました。 この部分は イリサート(外ねじM8細目−内ねじM6)という部品を使ってねじ強度を確保しました。
この中型三脚の重量3.5kg、右のはずっと華奢で約半分の重量です。  カメラ三脚と HF経緯台の中間的な性能です。
フォーク経緯台と三脚を分離式としました。 これによりカメラ用の中型雲台に交換することができます。 双望会フリマで破格で譲っていただきました。 マルチプレートを付けています。
双眼鏡2つで5kgになり、この雲台でもトップヘビーです。あまり上に向けるとちょっと不安。 モタつくことなく鳥を2つの視界にうまく捕えられるでしょうか。   (2015年9月28日)

トップ アイコン
ホームへもどる

直線上に配置
マルチプレートにはこうやって2つの双眼鏡を同架し鳥見とか
夜景観望に使います。 
♪♪♪♪ 架台その4
開き止め金具は三脚を閉じるときは中央部を上に持ち上げないと閉じません。 上向きには折り畳めますが下向きには折れない構造です。 これにより脚1本で全体を持ち上げても三脚は勝手に閉じない仕組みになっています。
つまり開き止めであると同時に 閉じ止め金具でもあります。 まあ市販品もそうなんですけどね。
アクセントに開き止め金具のセンターに星座ホログラムを貼りました。

このBINOは星見というよりバードウォッチング用に使用するつもりです。
見たいのはカワセミ、ハヤブサ、アマサギなど。 実践的なモノになっているかどうかはこれからです。
       (2015年7月25日)
どうするか考えぬいた末の連結構造です。 引き抜き管(三脚)には、引き抜き管で対抗しました。 45頂角のアルミフレーム(元々は「A」の字断面)の頂点を切断して台形断面のフレームを2個作り、別の平板で連結しています。
開き止めの腕部はフォークに使用した 「Z短ざくカナモノ」を軽量化加工し、ステンレス蝶番で連結しました。 
実は開き止めの製作は3回目です。 1回目はタカハシ三脚用。 2個目も同様ですがImdiygo工房としての初仕事でした。 今でも使ってくれているとうれしいのですが・・・。 工作には手がかかるため現在、工房ではこれのみの製作は受けるつもりはありません。 
こんな感じになりました。 フォークがなかなかセクシーかと。 フォークのオフセット量は大きすぎてバランスが悪くこの軽量三脚では転倒しそうだったので、50mmシフトさせています。 三脚がまだ少し頼りなく勝手に閉じたり開いたりするので補強するつもりです。 フォークの前の鋭角の出っ張りはその後カットしました。
           (2015年7月19日)
♪♪ 架台その2
1操作でフォーカシングできたらと、タイミングベルトをアイピースのゴムローレットに掛けてみました。 が、ピッチが微妙に違って噛み合わず空回り、最初の試みはうまくいきませんでした。
しばらく時間をおいてから再チャレンジします。
 
雄ねじ側となる部品(ここではアイピース)側面に厚手のテフロンテープを巻いていきます。 ネジのかみ合いのため、テープは総厚0.5mm以上になるよう貼り重ねていきます
私の場合は0.14mmのテープを4層に巻いています。
もちろん貼りズレが無いように慎重に。
簡易ヘリコイド製作方法
例えばアイピースの抜き差しでピント出しをしている自作品などには非常に有用だと思います。  耐荷重・耐久性・精度は二の次なのでそれなりと思ってください。
相手側のスリーブの内側に 薄いテフロンテープを貼ります。
図のようにスキマが少々あっても見えない部分なので気にせずにすみます。
相手の部品としっくり滑らかな嵌め合いになるよう薄いテープの貼り具合で調整します。
あらかじめ1周の長さと、1回転で進めたい量(リード)からねじの角度を求めておきます。 リード角は3〜10度の範囲なら良いでしょう。 ネジ山とネジ山の間に挟まる部品のサイズを決め、それに合ったリード角を正確に計算します。 リード角を割り出したら薄いプラシートで型紙を作ります。 これを両面テープなどで仮止めしながらアイピースにあてがい、テープを巻くときの位置合わせにします。 右ねじ・左ネジはどちらでも可能ですが、作業は右ネジのほうがやりやすいです。
アイポイントが短くて眼鏡はNGだし、裸眼でもまつ毛にあたって気になります。
ハイアイポイントという言葉を初めて知ったのは 1982年のニコンF3HPでした。 当時は必要だという意識はかなり低かったと思います。 僕もそのころは眼鏡いらなかったし(笑)
そこでニコンのスポッッティングスコープ用のハイアイ広角72度のものに替えることを検討中です。 これだと
  25倍 実視野2.4度 ⇒ 22倍 実視野3.2度になります。

今日は天気がよくて熱気球が飛んできました。画像は400mm望遠によるものですが、もっと大きく見えます。       (2015年3月28日)
鏡筒の最大径は71mm。 やむおえず自分目幅(72mm)専用仕様とします。 とりあえず手元にあったt10mmのアルミ板でシンプルにつないでみました。 倍率が25倍もあるので剛性を優先し鏡筒平行移動メカは付けず 鏡筒間隔は固定にするつもりです。 (どうせ付けても鏡筒間隔は狭くならず意味ない)
直視時だけは三脚リングの軸を利用して片側鏡筒を内向きに回転させることができるため目幅は68.5mmまで狭められます。 
(広いほうはいくらでも。100mmぐらいまで可能^^)

少なくとも上下方向の視軸微調整機構は必要と感じました。 
2本を平行につなぐ場合、三脚取り付けリングの回転固定ねじが干渉するので左眼側の鏡筒のはとりあえず除去しています。 ただし無いと困るので対称になるように新しく用意するつもり。 丁寧な造りでねじ等が隠されていたり、ねじ関係は固着して外せない構造が多く、改造を簡単に許してはくれません。
以前に紹介した対空角度可変望遠鏡 「ビクセンスポッティングスコープ60M」 ですが、たまたまもう1本入手できました。 日本が元気だったころの精密感あふれる望遠鏡なのでこのまま保存するつもり。  ・・・・でしばらく寝かせていたのですが、とうとう改造の虫が侵入してしまいました。 なるべく元の外観を変えず、また元の状態に復元可能な範囲内で。という自分ルールを作ってトライしたいと思います。  使いにくいところは格好良くなる方向に変えてみたいと思います。 外見だけ見るともう出来ちゃった感じですね。
ビクセンのHAL110三脚を並べてみました。 
華奢なのは否めませんが さっと開いて脚を1レバーで伸縮操作できる機動性では勝っています。
脚はアルミの異形引き抜き管を使っていることは分かっていたものの、その肉厚はわずか1mmしかありません。 このサイズの断面なら肉厚は2mmはあるのが普通。 コストカットが目的でしょうがよく形成できたものです。 しかしこんなに薄い材料だと補強金具を連結しようにもネジ穴さえ切れません。 
♪♪♪ 架台その3
三脚に開き止めを追加して補強しようと思います。 三脚はとても軽量ですが全体的に決して堅牢とは言えず、例えばヒンジ部(二股部品)は樹脂製で三脚架台にきつく固定することはできません。 そのため簡単に開いたり閉じたりしてしまいます。 その樹脂製ヒンジ部を外してみて驚きました。 
このニュートン反射一式は 高知のCivetさんから譲りうけたものです。
フォークの部分がこのBINOにピッタリで良い感じになりそうです。
三脚も軽量で長さも丁度良いのですが、三脚架台はヒンジ部分が張出しすぎて三脚を畳んでも小型に
なりません。そこでひと回り小型の回転ステージに三脚ヒンジ部分を移植しました。
1時間ほど電動工具で格闘して切断しました。
図面も何もないお気楽工作ですのでどうなることやら。
♪ 専用架台の製作
114mmのニュートン用のフォーク式架台ですが、現在HF経緯台に載せているため部屋の片隅に置かれていました。
フォークのサイズがこのBINOに合いそうな気が。 フォーク部分を利用して専用架台を作ってみようかと思います。
今回目指しているのは、戸外に持ち出してすぐに使える機動性と使いやすさで、もともとアクロマートレンズのため像質はあまり欲張っていません。 双眼フィールドスコープであることを意識しないで肉眼や双眼鏡の延長のように使いたいと思っています。

レンズキャップを作ってみました。
対物キャップはカメラレンズ用(フィルターサイズ67mm)です。 左右のキャップをベルクロで結合しました。 またアイピースの側はフジノン双眼鏡のキャップです。 こちらにもベルクロ片を取り付け、対物キャップと合体して4個のキャップを引っ付けて保管できるようにしています。

それにしてもこのキャップといい、(とくにニコンとキヤノンは)ロゴが目立ちすぎて下品です。  一眼レフのおでこに始まり、レンズキャップ、ストラップ、ストロボにいたるまで、コントラストも大きさも目立ちすぎるロゴのオンパレード。個々のパーツが同じロゴを主張して不協和音となっています。 これが当たり前と思っている異常な感覚です。 ユーザーに宣伝してもらいたいのでしょうか。 ガキじゃあるまいし何でピエロのように派手なストラップを使わされなければならないのでしょうか。 車や時計など成熟した商品のロゴの有り方をもっと学ぶべきでしょう。 で、悪いけどNikonのロゴは上からペイントマーカーで塗りました。 この場合、黒マジックでは駄目で黒いペイントマーカーが良いです。(まねしたい人はあまり居ないと思いますが) ツヤ目の異なる黒いレリーフ状になりますがこのほうがよほど高級感があります。 カメラも双眼鏡も全体として1ポイント、シックなロゴかマークがあれば良いのです。 なおCanonロゴはそれ以前に煮ても焼いても生理的に嫌いなのでNikonのを改造しています。
酷い例ではNikonの双眼鏡では3か所もロゴを打っていたりします。 昔の浅草寺のお札(今は禁止されているみたい)のようにそこらじゅうペタペタ貼ってはダメです。(笑)  メーカーはご利益があると信じているのでしょうが幼稚すぎますね。
脱線しましたがそのほか外観の仕上げとして、いったん分解して底部の稜線に丸みをつけグリップ感を良くしたり、キャリングハンドルにグリップエンドを付けたり、ステンレス部品に黒色塗料を焼付けたりしています。
♪仕上げ
収納ケースは樹脂製の工具BOXです。 90度対空のほうが圧倒的に出番が多そうなのですがその状態で丁度収納できるものが見つかりました。

工房の仕事、さぼっているわけではありません。お待たせしすぎないように段取りしています。 1つ満足いくものが出来ると心が浄化されて次の仕事がうまく行く気がします。   (2015年6月6日)
 
♪ 広角&ハイアイポイント化

ビクセンオリジナルのアイピースはハイアイでありません。 この部分はねじで簡単に外せます。
そこでニコンフィールドスコープのアイアイピースに換装しました。 しかしそのままではピントがわずかに遠くてこないので対物セルの内部を切削加工して対物レンズの位置を5mmほど引込めました。 このアイピース、スマイスレンズの部分が飛び出していてスコープ側と干渉しそうですが、うまい具合にプリズムハウスの細い部分にハマってくれるので改造の負担は軽くてすみました。
  25倍 実視野2.4度 見掛け視野60度  ⇒ 22倍 実視野3.2度 見掛け視野72度 になります。 

このシリーズのフィールドスコープが生産中止になったのは残念なことです。 どんなに性能が良くてもこれより視野が狭くて高価すぎるEDGシリーズには食指が全く動きません。 中心だけ使えば像は良くなって当然だからです。
・・・・話が飛びましたが

オリジナルと同様にこのアイピース部分に合焦ヘリコイド機能を待たせました。
 荷重はせいぜいアイピース1個なので強度はそんなに必要ないし安価にしたいので自作としました。画像のようにアイピース側面にテフロンテープを螺旋状に巻き、接眼スリーブ内側に付けた突起にかみ合わせています。  

この方法は実は超広角双眼鏡のフォーカス機構にも使った方法です。
これは雄ネジの山と山の間にはさまる部品です。
0.5mmのプラシートを事務用のパンチで打ち抜いて円板状の小片を作り、中心に穴と皿ビスの頭の収まるクボミを作っています。 小さい部品なので工作はちょっとした器用さと根気が要ります。

これをM1.7の皿ビスでスリーブの内側から固定します。 ネジのタップが必要なのはもちろんですが、皿ビスの頭の入るクボミ加工や、ドライバーでのビス締め作業のためには、スリーブの180度対向面にドライバーやドリルの貫通できる工具穴を開ける必要があります。 

この突起がネジ山より高いとはまりませんのでなるべく低く、そして部品の側面は滑らかに作るのがコツです。 

テフロン同士の摩擦係数は0.1以下ですので 部品のガタさえなくせばグリス潤滑以上のしっくりとした摺動が約束されます。 その状態で螺旋状のテープに沿ってアイピースが送られるわけです。 今までの「抜き差し」とは別次元の操作の感触が得られます。
    (2015年5月24日)
 
まずテフロンテープ。 雄ねじ用の厚手のものと、相手のスリーブ内側面に貼る薄手のもの、2種類があるとベターです。 ちなみに私が使ったのは 0.07mm厚(左)と0.14mm厚(右)の2種類です。
テープはちょっと高価。 1500〜2000円ぐらいです。
♪簡易ファインダー
デザインのアクセントになる部分で一番凝ったところです。 まずファインダーの脚部ですが、これはパイジョンというRegoブロックのような組立パーツを利用しました。 水平棒は中空で直視時の簡易照準、兼キャリングハンドルとなります。ハンドルやファインダーは不要なときにはネジ1本で撤去できます。

黒いポストのようなものは45度ファインダーで、昔のミノルタの露出計(上図)の照準を切り取って使っています。 覗くと左図のような薄黄色い円(ブライトフレーム)が浮き出ますが、夜間は使えません。 25年以上保管していたジャンクですがようやく嫁入り先が決まりました。
直視時
口径60mm、倍率25倍、視野2.4度
90度対空時