トップ アイコン
雑記帳へもどる

直線上に配置
雑記帳
ミラーの常識と非常識(回答編)
 ちょっと歪んでしまったが、たしかに「1枚鏡による1回反射の正立像」だ。
 鏡面の形状はこのようになっている。縦方向の断面は凸、横方向の断面は凹となりその間は連続的に変化する複雑な3次元形状だ。雑記帳の「おやつ」にあるプリングルスのポテトチップと同じ面形状で、回転非対称な面(アナモフィック面の一種)だ。また、別の解釈としては「浮き輪」のような薄い皮でできたものを連想して欲しい。浮き輪の内側(身体が入る側)の皮をそのまま変形しないように切り取った面形状で、これだとトロイダル面という。呼び名はともかく、このような面自体、身の回りにほとんど無く、しかもピカピカに磨かないと鏡面にならないから特殊な製法で作った。

広辞苑によると「鏡像」とは「平面鏡の反射によって作られた物体の像」となっている。
問題文を「鏡像」としてしまうと平面鏡に限定されてしまうので、「鏡の像」という表現にした。

 さて、この鏡は何に使えるの?ということだが、水平方向と垂直方向で眼のピント位置が異なる(つまり非点収差が非常に大きい像となる)ので、遠方の像を小さく映すことしかできない。近くの像は歪みが大きく鮮明に見えない。このロボットの像も大きく見せようとして近くに置いたため、歪みがありやや流れているのが分かる。だから自分の顔を映すには不向きだし、望遠鏡の正立デバイスとしても全く使えない。遠方の広い範囲を小さく映すサイドミラーやカーブミラーなら使えそう(特許出願例もある)だが、普通の凸面鏡に慣れているため誤認識してしまい、かえって危険。 ということでせっかくの効能もあまり役に立たないかもしれない。
  (2007年6月10日)