KOBO IMDIYGO
 ユーザーさんのレポートです

 2インチ双眼装置、等倍延長レンズの感想。 その他こんなモノは作れないか? など皆様からのご意見・ご感想もお待ちしています


KIKUTAさんのレポート
 双望会仲間のKIKUTAさんがレポートから等倍延長レンズのレポートをくださいました。
     http://homepage2.nifty.com/KIKUTA/144-bino-rire.html
 早々のレポートありがとうございました。 ピント位置についてはKIKITAさんのニュートンは筒外焦点引き出し量が150mmと
非常に大きかったため、前群レンズの配置をとくに引込めています。普通のニュートンに付ける場合にはピントが出なくなるため
前群レンズとダミーセルの前後を逆にしてください。


CIVETさんのレポート
  同じく双望会仲間のCIVETさん@高知県が等倍延長レンズのレポートをくださいました。 KIKUTAさんにお作りしたものを
500mmF4.5ニュートンに付けて観望されています。 スケッチイメージ付のレポートは自分ではなかなか書けません。
ありがとうございました。 ご質問を受けましたので回答を付けておきます。
     http://blogs.yahoo.co.jp/jzd01063/32295877.html

@このシステムで周辺ピンボケがわずかに改善されている気がしたのですが?

周辺の像面湾曲のことでしょうか? いちおう設計はフラット(というか元の望遠鏡のまま)なのですが、アイピースとの
相性があるみたいです。 眼が若ければ眼で調整してしまうので個人差もあると思います。

A各種双眼装置用のバージョンがありますが、それぞれにレンズ配置等が最適化されていますか? 
 あるいは違うのは接続部分だけでしょうか?

光学系は2種類あります。
ビノビューとバーダーのマークV(究極双眼装置)は同じレンズ設計で接続は異なりますがレンズ配置は同じ設計位置になるようにしています。

その他のグループ(笠井とか国際光器のマックスブライトとかウイリアムオプティクス)は小型の低価格設計で光学系は共通です。

B双眼の対物みたいにプリズム(ビームスプリッター)のガラスブロックを想定した収差補正設定もおこなわれているのでしょうか?

想定はしていますが、入手するレンズが限られているので完全補正はできていません。

補足: それとコマ補正があるというレポートですが「補正」というより コマを生じさせている光線成分をケラレでカットしている
     というのが正確です。  パラコアとかとは方法が違います。
     中央部は口径食はありませんが、周辺にいくほど口径食があって暗くなっており微光星の検出能力は落ちますが
     コマ成分をカットしています。
       (2015年9月13日)


栃木県T様のブログ
 2インチ双眼装置(今は屈折用)にバランスウエイトシステムの案を初めて採用していただきました。
 赤道儀では天頂ミラーの先の接眼部が思わぬ方向に向くのですが、バランスウエイトにより完全バランスし全く不安がなく
 操作できることを確認できました。 当方の安全設計不十分により落下の事故もあったのですがこれからも存分にご活用されますことを
 期待しています。
http://uppaship.blog.so-net.ne.jp/2016-10-12
http://uppaship.blog.so-net.ne.jp/2016-10-18-1
http://uppaship.blog.so-net.ne.jp/2016-11-06
http://uppaship.blog.so-net.ne.jp/2016-12-07

東京都O様からのメール
 等倍延長レンズをお使いの方からメールをいただきました。 それにしてもすばらしい満天星です。 

【以下いただいたメール】
先日BS双眼装置用の等倍延長レンズを譲っていただきました〇〇と申します。
報告が遅くなりましたが、先日2週連続でフィールドでの利用の機会に恵まれ、BS双眼装置+等倍延長レンズを試すことができました。
この度利用した鏡筒は、最近入手したNinja-400です。インディゴ様からアドバイスいただいた通り前群レンズを一番接眼レンズ側に寄せた状態で問題無く合焦し一安心。 等倍延長レンズ性能を最大限に活かせることが期待できます。ちなみに接眼レンズは国際光器さん扱いのPHOTON25mm(見掛視界60°)を選定しました。 これまで2インチ接眼レンズしか所有してなかったのでこの度新規に準備したものです。

双眼装置利用による視野の暗さは40cmの集光力が十分補った上で、双眼視ならではメリットが活かせます。当方マツモトメガネ様の双眼望遠鏡を愛用しているので双眼の素晴らしさは認識しているつもりですが、大口径での双眼視はまた違った楽しみがありますね。
本来のドブソニアンの使い方とは違うのかもしれませんが、双眼望遠鏡同様、低倍率での星空遊泳が楽しい! 2インチ接眼レンズ
(イーソス)での広視野も素晴らしいものではありますが、実際にはこの2晩とも、ほとんどの時間、BS双眼装置+等倍延長レンズが接眼部にささったままでした。またドブソニアン双眼でM81/M82が綺麗に同視野にぽっかりと浮かびあがる様は感動すらおぼえるほどです。またこれは周辺ま
で星像が良い具合に補正(?)される等倍延長レンズ利用の恩恵でもあり、ストレスフリーでボ〜っと長い時間見ていられるのは良かったです。

改めてこの度は素晴らしい品をお譲りいただいたことに感謝いたします。有り難うございました。


  
          (2016年12月21日)





神奈川県S様からいただいたメールです
昨晩、遂に雲間をぬって双眼装置のファーストライトを試しました。
2017年7月7日、雲の流れが強く、透明度は今一つ。最高で4等星の見える環境で、月明もあり2等星がほぼ見えない、
七夕だが彦星織姫がやっと見えるくらいの天候。
Vixen ED80sf(口径:80mm、焦点距離:600mm)+Porta経緯台にPhoton25mm×2。
笠井トレーディングの2インチ天頂ミラー+本器:等倍延長レンズ+笠井・双眼装置で、ドローチューブの繰り出し量67mmで合焦。
(全バックフォーカスは120mmらしい??)

月:解像度が高く、両目で見つめることができ、感激!この数年迷走を続けた「双つの目で観る」ことが現実のこととなり、
夢がかないました。感動。とてもシャープで、立体感を感じます。
木星:かなり高度が低い状況、冴えた木星とその衛星達。1.6倍バローレンズを介するのとは比べ物にならない、
明るく自然で澄んだ見え方、素晴らしい眺めです。 光量については、2分割されたことよりも、両眼で見ているので、
片目と同等の印象。バローレンズ使用では暗く淀んだ?透明感のなかったものが、全くの別物です。

その他雲の切れ間をぬって流し見しましたが、次々と星達が流れ込んでいて、スター・サーフィンを楽しみました。
準備不足と万全ではない天候下での短い観望でしたが、重ねて、夢がかなった思いです。

今後、主力の13pアポ屈折+赤道儀で、木星等に対して高倍率をどこまで使えのか、また星雲星団をどこまで暗いものを見ることができるのか、
試していこうと存じます。
天文を、稼働率の高い自宅ベランダで、楽しめるかと期待しています。
普通の住宅地内でLED街灯も整備されているので、迷光遮断のための盾のようなものを、接眼部〜双眼装置に着脱できないかな、と考えております。
事例等ありましたら、教えて下さい。
(大昔の乾板写真撮影用のビロードの袋?みたいなものは避けたい処です・・・)

私のように、30年振りに星空を見よう、月惑星、星雲星団はどれくらい見えるかな?、天体写真も撮ってみたいな、けれどお手軽に楽しみたい。
そういう中高年、老若男女が増えれば。それには「両目で楽しむ」ことが効果的かと存じます。

数年前にVixen ED80sf(口径:80mm、焦点距離:600mm)+Porta経緯台を導入。ED-APOなど昔では夢のようです。
また双眼装置が一般化していたようなので早速導入。
フリップミラーや天頂 プリズムで合焦しなかった時はショックでした。専用のバローレンズで1.6倍では合焦しますが視野は暗く淀みがある。
木星でもぼんやりとして光量不足、切れ味を感じません。
21世紀になって機材の質は上がり価格は下がっているのに、やはりままならないことはあるなぁと意気消沈。

最近、都心から三浦半島の住宅地に引っ越し、セール等を利用して13pED-APO、自動導入赤道儀等も大人買いしました。
日中でも夜でも天候の変わり易い三浦半島では、仕事・生活・他の趣味との兼ね合いから、天文は自宅ベランダから、機材は屋内からの出し入れが基本。
機材の優先順位を考えると、デジカメ程度で簡単に天体写真も楽しみたいので、まず鏡筒、次に稼働率を上げられる扱いやすい赤道儀(Sky-WatcherAZ-EA5)、そのセッティングすら面倒な時の、使い易い経緯台も必要です。
初歩的な観望や直接撮影からスタートしましたが、やはり両目でじっくりと天体を見たい、また変わり易い天候の場合は30分でも星空を流すように楽しみたい、そのようなニーズでした。

対空双眼鏡も考えましたが、次々に機材を増やすわけにもいかず、AZ-EQ5以上に設営・撤収に気を遣いそうです。
(不真面目ですが、自宅ですのでお酒を呑んでから観望することも多いため)
双眼装置を使えるようにしたいと、光路長を縮めるアクセサリーにも幾つか手を出しましたが、成果ゼロ。

そういう中、Webで本器:等倍延長レンズを見つけました。
受注生産ですので手に取る機会もなく、頒布のお願いでもドキドキしましたが、快くお願いを受けて頂き、また諸々のアドバイスも頂きました。
制作の過程もHPに載せて頂き、楽しみに待っておりました。

重ね重ね、双つの目で観る夢がかないました!
ありがとうございました。

−−−−工房より−−−−
掲載のお願いをしたところ、さらに詳細なご説明のメールをいただき本当にありがとうございました。
ファーストライトがまだ十分できていないということですが、いろんな機材の組合せで試してみてください。
本製品は低倍率で星空を流して楽しむ、双眼鏡と望遠鏡の間をつなぐ役割をしてくれると思っています。 しかも軽量・お気軽に。
ベランダ観望 ・ アルコールもちょっぴり入ってのまったり観望、大歓迎です。 本機をこれからも仲間にいれてやってください。
                    (2017年7月14日)


東京都 K様からいただいたメールです
昨年作製して頂いた等倍延長レンズの感想を報告いたします。

像質はなかなか良好だと思います。 しかしアイピースとの組み合わせが良くない時や、前後群のレンズの位置を適正に設定しない場合などは
一般的なエクステンダーを使うより悪く感じることもありました。 いくつか試した中で私が気に入って使っているのは25センチF5ニュートンと
笠井EF19の組み合わせです。 ロープロファイルの接眼部なので、前後群のレンズは最も近づけても余裕で合焦します。

大体65倍で実視野1度になりますが、これで見る二重星団はたまらないです。同じ倍率で単眼で見る場合と比べ像の明るさはあまり変わらず、バックグラウンドはより暗く引き締まるので、星のきらめきが美しいです。



私の家は都内ですが、10センチ程度のアポを持って郊外に遠征観望するのも、この等倍延長レンズと25センチドブで自宅で見るのも変わらなくなりました。嬉しい限りです。 この倍率以外では低倍はバックフォーカスが200ミリ近い屈折で、高倍はシュミカセで(これらは等倍延長レンズ無しで)見れるので、これですべての倍率で双眼装置を存分に活用でき、満足しています。 

確かに双眼視の理想は双眼望遠鏡だと思います。しかし対物を2つ用意して精密にセッティングするコストや手間に比べ、双眼装置はより現実的な選択肢だと思うのです。 Imdiygoさんのお陰で、この方法での眼視観測を極めたような気がします。有難うございました。

蛇足ですが双眼装置の使い方で良いと思われる組み合わせを1つ言わせてください。 C8+双眼装置+スコープタウンプルーセル14ミリです。おそらく最も低コストで最も素晴らしい惑星像が楽しめます。


−−−−工房より−−−−
ご注文いただいたのがちょうど1年前でしたが、こうしてご感想をいただくのは大変うれしく思います。
ご指摘のように本レンズはある程度アイピースを選ぶようで、広角を欲張ったり、周辺収差を究極的に補正したアイピース、またスマイスレンズの入ったものとかは不得手なように思います。

お持ちのドブソニアンは 一見Ninjaのようですがちょっと違います。  バックヤードオリジナルのもので接眼部はロープロにカスタマイズされたようです。
http://backyard.c.ooco.jp/mart/telesco/25db.htm
25cmF5の鏡筒と双眼装置+等倍延長レンズは光学的にもバランス的にも良くマッチすると思います。
機能的な美しさがありますね。
これから暑さ本番になりますが、健康に注意され、天体観測に本レンズがお役に立てれば光栄です。
                    (2017年7月23日)


栃木県T様のブログ
 先日納品した超広角スリットランプのご感想をいただきました。
http://uppaship.blog.so-net.ne.jp/2018-04-29

 フィールドフラットナーを追加したことで、100度の再周辺部にかけても像のくずれが少ない光学系に仕上がっていますが、その点をご評価いただきました。 この全視界をコリメート法で撮影(再現)する方法を検討中です。  プロの道具ということでデフォルトでどの医師にも無理なく使っていただけるようなものを目指していきたいと思います。
               (2018年6月2日)

トップ アイコン
ホームへもどる

直線上に配置
−
−