顕微鏡レンズの望遠鏡への応用
上下逆にして真横からレーザーをあててみました。
中のプリズムは画像のような三角になっていて、約60°の偏角プリズムになっているようです。 これが2個はいって1000円台(入手先によっては400円)で手にはいります。 
使い勝手が少々残念な商品ですが、ちゃんと理にかなった設計になっていますね。

入射面、出射面はほぼ光線に垂直になっているため色分散は発生しません。
有効径は20X26mm(縦X横)あるのでちょっとした双眼鏡の工作に使えるかも?? です。
        (2017年12月24日)
60°偏角プリズムの応用??
 顕微鏡のレンズや設計思想を望遠鏡に応用できないか考えてみました。
言うまでもありませんが、眼視とか双眼望遠鏡に応用する方向です。 (天体写真は興味もなく、応用は思いつきません)
まずは顕微鏡用アイピースの応用から始めます。
 顕微鏡のレンズを望遠鏡用に利用する。 (あるいはその逆をやる) すると今までに無かったメリットを引き出すことができます。
  その世界では常識とされてきている枠をぶち破ることがでるかもしれません。 まさに”クロスバリュー・イノベーション” です。  一例をご紹介

■以前に自作した反射ファインダーの小改造です。
ちゃんと研磨したプリズムを使っているようです。
プリズムの奥が万華鏡のように分割されて・・・、ということは奥は90°頂角のプリズムです。(画像では60°に見えますが)
カバーのついた側はアルミ反射面になっているようです。
このようにして使います。(笑) 
実際使ってみると便利ではありますが、視野があまり広くなく、首を振ると視野が回転するため、クラっとめまいを起こし快適ではありません。 
このほか座ってスマホを見るときも、背筋がシャキっと伸びる効果があると言いますが、手元の距離感が遠くなるためちょっと違和感があります。 ということでずっと使おうという気にはなりませんでした。

トップ アイコン
ホームへもどる

直線上に配置
どんな仕組みになっているのだろう。 
眼の視線方向からレーザーポインタを当ててみました。
ネットで、寝ながら読書用メガネというのを入手しました。
顕微鏡用のX10接眼レンズ(25mm相当)のジャンク品を入手。
回転ヘリコイドが付いていたのでそのままフォーカス機構にでき、11.2倍のファインダーが作れました。
元コスモキッズの接眼部には2倍程度のバーローレンズ(単玉)が入っており、焦点位置を後ろに引き出していました。 天文用にバーローレンズと正立プリズムを除去したのですが、斜鏡の大きさが小さくて、接眼部の高さが取れず、満足なフォーカス機構が作れませんでした。
 この焦点面の特殊性を逆用すれば、天体望遠鏡用途で、ピント引き出しの厳しい状態でもピントの合う特別なアイピースを作ることができます。 左図は双望会仲間のTさんがビクセンのNPL25mmを元に改造された光路短縮用アイピースです。 衝面から焦点面までの距離は前方37mmもあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/jmkttttkmj/32937568.html
ご縁があって私が持っています。 これを200mm/5のニュートンに装着すると、なんと等倍レンズなしで、余裕で∞にピントが合います。

さきほど分解した、X10顕微鏡アイピース(3つ並んだ中央)でも同じ改造ができます。 しかもレンズの入った胴の部分(φ34mm)を、φ31.7mmに削れるだけで良く、鏡胴を左図のように作り直す必要はありません。
(鏡胴の肉厚には余裕があり、削ってもレンズは露出しません)

この方法のデメリットとしては
 ・鏡胴の長いX10アイピース(25mm)でしかこの方法は使えない。
 ・視野環を切除するためぼやっとした周辺視野になる
となりますが、何よりお手軽に広角の双眼視を実現する方法です。
以下ご参考まで。
http://blogs.yahoo.co.jp/jmkttttkmj/32926617.html

また逆に、天体望遠鏡用のアイピースを実体顕微鏡に転用しようとすると、バレル径を細くしないと差し込めなだけでなく、先ほどの衝面から焦点面までの距離が異なることによる不具合が生じます。何の不具合かは後述しますが、転用できるアイピースはごく限られてくることになります。
            (2017年2月11日)  
 顕微鏡のアイピースの取付規格は一部を除いて、φ30mm(中央)とφ23.2mm(右)の2種類の差し込み式となっています。 「X10」アイピースは最もありふれたもので、その焦点距離は25mmなわけですが、これと同等の天体用アイピースが左(ビクセンのLV25mmと同等品)を並べてみました。 見掛け視野は左と中央がほぼ同じで50°、左は約40°です。 差し込みサイズが小さいとやはり広い視野をとれません。 いずれもアイレリーフは十分長く、眼鏡でも楽に使用できます。
 実体顕微鏡の接眼レンズです。 何mmという焦点距離の表示はなく、代わりに15X/14と書かれています。 「15X」は倍率で顕微鏡の対物レンズに相当する数値は一般的に250mmです。なのでアイピースの焦点距離は
 250/15=16.7mm   となります
「14」は視野数と言い、14mmの直径が視野として見えるという意味です。
250mm離れた14mmの物体が16.7倍の233.3mmに見えるわけで見掛け視野は  
 2*ATAN(116.66/250)≒50° となります。  
 上は実体顕微鏡のアイピースを望遠鏡用に改造したもので、差込み径を31.7mmにし、衝面=焦点面になるよう10mmのゲタをはかせています。 この改造は画一的なのですがマニアックすぎるせいか市販のアダプターなるものは存在しないようです。
ちなみに15X(16.7mm)とX33(7.5mm)はこの方法で改造して天体観望に愛用しています。
 中央のレンズを分解してみました。 ケルナータイプです。
実体顕微鏡や高倍率顕微鏡の焦点面の位置は業界的に統一されていて、つまりほぼ同焦点になっています。 望遠鏡の業界も見習ってほしいものですが、この理由については後述します。
で、顕微鏡のアイピースの焦点面位置は衝面(矢印)位置から対物レンズ側に10mmの位置となっています。