三脚アダプター

■ その1 三脚ネジレスタイプをワンコインで作ってみました

某社の三脚アダプターのカーブにそっくりだったので。 でもわざわざカーブしている面に双眼鏡を乗せなくても良いような気もします。
「ハンドサンダー」はゴム製なので適度な摩擦があり滑りにくいです。

中央に三脚ネジを切ったアルミ板を両面テープで張り付けています。
(その後自然に取れたので4隅を木ネジで固定しました) バックル付のマジックテープも100均で買ってきて木ネジでゴムに固定しました。

100円ショップでこんなものを買ってみました。 サンドペーパーを挟んで使うもののようです。
このように2つに割れるのですが、不便なので実際には割れないタイプを使いました。

この図体を支えるのに十分な強度でした。 安くはないですがご要望があれば製作いたします。  (2016年3月12日)

三脚アダプターはバランスの関係で、このように通常と反対向きに取り付けます。バランス位置も上々で自分で言うのもナンですがヒッジョーにカッコいいです。 この確認のために新たに三脚アダプターを購入しましたが、そのうち自分用に作ります。

トップ アイコン
ホームへもどる

保護キャップのネジ(本体側がオネジ)を利用してとりつけます。 コインスロットを設けましたが、ローレットだけでも十分に固定できました。

保護キャップの紛失防止に反対側にもネジを切り、コインスロットを隠すように保護キャップを取りつけられます。

プロ仕様2号機
サイトをご覧になった方から工房に製作依頼があり、これではダメなので新たな固定方法を設計しました。 できたのがこれ。 軸径変換アダプターです。

しろうと工作1号機
純正の三脚アダプター内壁を削って入るようにしました。
固定ノブ(手でもっているほう)の樹脂のV字も削り、広くした幅を合わせるシートを両側に張り付けました。 手加工で精度が悪く双眼鏡がちょっとグラグラします。ねじも減ってしまい固定ノブがうまく噛み合いません (これは失敗作)

直線上に配置

雲台のパン棒が顔に近いのでもう少し高さが欲しいですが、携帯性が悪くなるのでこのままとしました。

小型の双眼鏡ならダハでもポロでもOKです。 目幅が勝手に変わることも無いようです。

 その2 ニコン10X70T型用です

中心軸が17mmとかなり太く、軸把持式の三脚アダプター(軸径13mm)が挟めません。 昔、専用のアダプターがあったようですが、入手困難です。

先端の保護キャップをはずすと。 そこには三脚ネジ穴がありません。 妙な構造のためここにタップを切る勇気はありません。
「取り付けられるならやってみろ!」と言う感じです。