トップ アイコン
ホームへもどる

直線上に配置
■PEREGRINとは
 ペリグリーン(隼)
のように早速さ(快適な操作性)と強さ(剛性)を兼ね備えた2インチ双眼装置を考案しました。
2インチ正立双眼装置の操作性・光学性能を格段に改善したモデルです。下がそのイメージアニメーションです。
PEREGRIN
快速2インチ双眼装置
´
´
特長 ニュートン鏡筒としてはほとんど前例のないインナーフォーカス式を採用します。

 1.合焦の軽さと素早さ
   
エクステンダーレンズ(凹レンズ系)を前後に動かすインナーフォーカス式で可動部が軽量。
    エクステンダーレンズと双眼装置とは完全に分離されています。
    合焦機構に双眼装置の重量がかからずストレスが小さいため、スムーズで高精度のピント合わせが可能です。
   
 2.高い堅牢性
   
双眼装置本体は鏡筒に固定(直視タイプのための2軸支持回転装置は備えています) 
    双眼装置の保持装置は合焦装置を持たず剛性を高く設計できます。    

 3.2インチ正立タイプでも2インチ直視タイプでも機能し、切り替えも迅速可能
   
共通のエクステンダーレンズですむので、双眼装置入射口にレンズを付け替える必要がありません。
   
 4.軽量コンパクト
   
インナーフォーカスの利点です。ドブの前後バランスのくずれも低減できます。
   
 5.主光学系のF値4でも構成可能
   
主光学系のF値は4〜4.5がターゲットですが、エクステンダー常用により双眼装置に無理のないF値に
    変換するので設計上のF値の制限がなくなります。

 6.光学収差が僅少
   
エクステンダーレンズはダブレット(色消し)で、負のパワーとして弱いため、収差特性が緩やかです。
    また鏡筒外バックフォーカスは140mmなので斜鏡は標準的なサイズで良く、中央遮蔽の悪影響も有りません。
  
 7.2インチ長焦点アイピースが有効に使えるF値(F5〜6)に変換

   主光学系のF値は4〜4.5がターゲットですが、エクステンダー常用によりF値を5〜5.5に長くするので
   焦点距離40mm程度の2インチアイピースを有効倍率で使用できます。
   (直視タイプの場合はF値は5.0、正立タイプの場合はF値は5.5程度)

 この方式は、口径456mm焦点距離1795mm(F3.94!)のニュートン式鏡筒に最初に採用するものです。メガネレンズ利用エクステンダーには焦点引き出し量の設計限界があり、数ヶ月設計の試行錯誤をしていましたが、この方法でブレークスルーできました。

   (2004年8月1日)
直視タイプ双眼装置
エクステンダーレンズ
正立タイプ双眼装置
エクステンダーレンズ
焦点面
焦点面