■50cmトラスドブソニアンの2インチ双眼化
 瀬戸内海の向かい側、山口県の方より依頼を受けました。
口径508mm、焦点距離2440mm、F値4.8の堂々たるトラスドブソニアンの双眼化計画です。
自作品だそうで、細部にいたるその完成度には驚かされました。
市販のアメリカンサイズ双眼装置をすでにお持ちで延長レンズなしの直接焦点で使用されています。
斜鏡短経は152mmあるそうで、これなら2インチ双眼装置も直接焦点化が十分可能です。
接眼部はご自身で改造されるとのことで、双眼装置本体のみの加工となります。
 (2004年11月23日)
直線上に配置
KOBO IMDIYGO
−
−

トップ アイコン
ホームへもどる

 通常の2インチ接眼部に接続するよう、バレル長は30mmとしました。長いほど接眼部への取り付けは安定しますがこれ以上長くすると48mmフィルター装着にて口径食が発生しやすくなります。 (2005年2月19日)

  F値が4.8と明るいため、ビームスプリッターはこの筐体での最大サイズである45mm(エドモンドオプティクス)を使用し、入射窓径は43mmと大きめに取りました。こちらも光軸調整装置を内装しています。手前にあるのは追加高ゼロの1.25インチ変換アダプターです。
進行状況について
 双眼装置が完成し、納入しました。
 (2005年4月23日)